読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里帰り出店、夫婦美容室の軌跡

今は都会で働いていてもいつかは田舎に帰って開業したい!そんな人のヒントになるようなブログになればいいと思ってます★

色々なカラクリ

先日、育毛で有名なお店に

研修に行ってきました。

 

技術はもちろんのこと

今後のメニュー展開など

とても有意義な時間が過ごせたんですが

驚くような事実をいくつか教えてもらいました。

 

 

例えば

 

最近、増毛でよく雑誌で見かけてたサロン

実は自ら売り込んで

お金払って紙面に載せてもらっているということ。

 

ヘアカタログとかだったらそのカラクリを

知っていたのですが(お金によって写真のサイズが違う)

 

まさか美容師向けの

経営の上手くいっているサロンを特集する雑誌で

お金を払って載せることができるとは・・・

 

ある意味、広告雑誌なんですねw

わりと信用して読んでいた分

ショックを受けましたw

 

 

 

あと、

うすうすは気付いていたのですが

かつらで有名な某メーカーのCMで

 

「1万円で1000本増毛」

 

このカラクリ。

いくつかのプランを契約することによって

1万円で1000本になるみたいで

 

その契約で

軽く50万円は超えているという真実。。。

1万円が50万円になるとは。。。

だから

1ヶ月で売り上げ1000万円なんて

余裕で超えるみたいです。

 

あとは

増毛を下からやることによって

あまり増えた感を与えずに

カツラの販売にもっていくとか。。。

 

なかなか恐ろしいですよね。

 

 

で、

何が言いたいかって、

やはり恐怖や不安に対しての商売は

儲かるということです。

 

そういうことについては

お客さんはお金に糸目をつけないです。

 

そのことを踏まえて

田舎の小さな美容室で出来ることとは。。。

 

 

そんな色んな妄想ができた

よい休日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

その先生が言っていた

確かにって思ったこと。

 

それは

人によって価値観が違う

と言うこと。

 

例えば

増毛をした方が良いと思う

明らかに髪が薄い人に限って

全く興味が無いとかW

 

だからこそ

こちらで勝手に決めつけず

必ずどこが気になるのかを

本人に直接言わせることが

1番大事だと思うのです。

不労所得を考える

美容師の憧れ

それは不労所得w

 

これは冗談だったり

本気だったりします。

 

そりゃあったら嬉しいでしょうし

あったことに越したことはないはずです。

 

で、

わたしが実際にやっているのが何個かあって

 

1つは販売機の設置です。

これは不労所得の王道でしょw

 

儲かる儲からないというより

わたしのお店としては

見られたくない場所の壁代わりになってくれた

これがありがたかった〜w

 

販売機のお勧めがコチラ

www.yumewo.org

 

どうせ販売機を設置するなら

社会貢献型が良いかと思います。

企業のイメージアップにも繋がりますからね。

 

毎月約3000円の電気代のみで

あとは何もしなくて設置してくれます。

経費も電気代以外は何もかかりません。

 

販売機にお店の名前も入れられるので

意外と看板代わりになったりもしますw

 

このことをプレスリリースかけて

新聞の取材も来て下さいました。

 

人通りが多いお店はお勧めです。

 

 

あと

グレー(いや黒w)ですが

意外と助かるのが

駐車場の又貸しですw

 

24時間営業している美容室なんて

なかなか無いですよねw

 

てことは

大概の美容室の駐車場は

夜は空いてるはずなんです。

 

逆に

わりと多いのが

朝仕事に行って車は夜しか置かないって人。

 

こんな人と出会えることができたのなら

winwinの関係になると思いませんか?

 

あとは夜のお仕事関係の方とかですね。

 

不労所得まではいかなくても

ランニングコストの削減には大いになります。

 

 

あと私がやってるのは

少しの株です。

ちょっと前に話題になったNISAです。

 

これは多少の売り上げが出てきたら

やる価値ありですよ。

銀行に定期預金するぐらいでしたら

間違いなくやったほうが良いでしょうw

 

 

どの銘柄を買えば良いかわからないって?

そんなことは今のご時世

調べればたくさん出てきます。

 

株で成功している方々のブログや書籍などです。

そのまま猿マネするだけで

定期預金よりは高い金利が付くでしょう。

 

私は株は全くの無知でしたが

去年の1年でプラス13%になりました。

雑誌に載ってた銘柄をそのまま買っただけでです。

 

冷静に考えてみてください。

嘘の情報を雑誌に載せれるわけが無いですよね。

 

 

・・・

 

だんだんと話しがズレてきましたので

今回はこのへんで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

美容室経営の最大の不労所得

たぶんハサミを置いて

お店を任せれる状態に持っていくことでしょう。

 

そのための求人だったり教育だったり

成功されている方は

本当に頭が下がります。

 

そんなことばっかり考えてないで

本業での収入アップを考えたほうが

結果が早かったりするものなんですけどねw

 

田舎の美容室的ホット◯ッパーの考え

前にも同じような議題で

記事を書いた気がしますがw

 

やはり今の時代、

美容室とHTPは

切っても切れないくらいの関係に

なってると思うので

改めて書いとこうと思います。

 

 

まず

HTPをどうするかとか考える前に

やらなければいけない大事なこと

 

それは

お店のコンセプトとターゲットを

明確にしなくてはいけないという事です。

 

それが

最新のトレンドと技術を駆使して

若い人をターゲットにするならば

当然、HTPはやるべきでしょう。

 

 

逆に

私のお店のある地域のように

高齢化がすすみ

そこを狙ってマダム層をターゲットにした場合

果たしてHTPが有効になるのでしょうか。

 

 

そもそも

田舎でお店を出す場合、

はじめに知っとかなきゃいけない事は

その地域で1番トレンドの媒体は何なのか。

 

これは本当に重要です。

なんせ

下手なものと契約して

ランニングコストが上がる事が

小さな美容室にとっては1番イタい事ですから。

 

 

では

どうやってその地域での

人気媒体を調べるのか。

 

答えは単純で

グーグル先生に聞いてみましょうw

 

『地域名 美容室』

 

そうすると

たいていはHTPがトップに出てくるかと。

そこで安易に判断して

契約してはダメです。

 

なんせリクルートSEOは半端なく強いので

トップにくるのは当然なことです。

 

そこが大事なのでなく

田舎の美容室でしたら

ちゃんとHTPを開いてみて

 

その地域でどれくらいの数の店舗が

HTPに登録しているのか

そこまで調べてみて

入るかどうか判断してください。

 

 

ちなみに

私の地域では調べると

やはりHTPがトップに出てきましたが

開いてみると

 

私の街の美容室は1つもありませんでしたw

 

じゃあ登録すれば独壇場じゃん!

なんて思うかもしれませんが

こう考えてはどうでしょうか。

 

HTPで調べてくるようなお客様はほとんどいない。

 

ありえないと思うかもしれませんが

私の地域ではありえてしまった話しですw

 

なので

その地域で美容室は何を使われて調べているのか

そこを徹底的に調べて見る価値があります。

 

わたしの地域では

ネット検索すると

2、3番目に出てくるのですが

 

エキテンが1番、登録数がありました。

 

しかも

エキテンのキャッチコピーが

 

『ヘアサロンの口コミ・評判・ランキング』

 

日本人の大好物ですよねw

 

当然、私はエキテンに登録しました。

そして口コミを集め

上位にくるように努力しました。

 

結果、

1年もしないうちに

1番上に表示されるようになりました。

(口コミを集める方法は要望があればまたの機会に書きます)

 

なので

今、私の地域で美容室を探して検索した場合、

ほとんどの方が私のお店に電話をかけてきます。

 

それぐらHTPじゃなくても

強力なものがあるんです。

 

 

どうしても都会で働いてると

HTPはやって当然と思われがちになっちゃいますが

 

登録する前にぜひしっかりと調べてみて

本当にHTPが必要なのか

確認してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

私のお店の地域では

ネット検索よりも

もっと反応率が高いものが存在します。

 

それは

新聞広告です。

 

今の時代に新聞ですかって

思われると思いますが

 

先ほども書いた

ターゲットが誰でどんな人なのか。

そこをしっかりと定めていれば

 

何が1番情報源となっているのか

見えてくるはずです。

 

 

ただし

新聞広告も

やみくもに書いて

適当に出したって

ろくな結果に繋がりません。

 

新聞広告の作成についても

またの機会があればぜひ♩

 

 

 

 

 

 

休眠客を取り戻す

私のお店は開業して4年目に突入していますが

今カルテが約900名分あります。

 

が、

去年の年末にPCが壊れてしまい

お客様データが全て消えてしまう

とんでもないアクシデントが起こりました。

 

幸い紙カルテは保存してあったので

大丈夫ではあったのですが

900名分を再入力するという

大っ嫌いな事務作業でした。

 

で、

再入力していているとき

当然、紙カルテを見ながらの作業ですので

最近来なくなった客さんとが目に入ったわけです。

 

なんもこちら側に落ち度がないのに

失客する理由って

経営を勉強している方なら

基本中の基本なので分かっていると思いますが

 

『忘れられている』

 

これが1番多い理由なんですって。

 

なので

いろんなコンサルタント

休眠客を蘇らせるw方法なんかを

色々とうたっておりますが

 

私が思う1番の方法は

忘れられてるんだから

思い出してもらえばいいので

 

手紙を出す

 

つまり

ニュースレターを出す

これが1番有効だと実感しています。

 

私のお店では

2ヶ月に1回ぐらいのペースで

ニュースレターを出しているのですが

 

今までに10回発行していて

100%休眠客が来てくださってます。

 

そっからそのお客様をリピーターに戻すのは

正直難しく感じておりますがw

 

また私のお店を思い出してくれたことによって

次に美容室に行く際に

選択肢として挙がるだけでも

嬉しいかなと思うのです。

 

あとは個人的に重要だと思っているのが

ハガキでなく手紙であることなんです。

 

よくありがちな休眠客用のハガキ

お元気ですか〜?

みたいな内容の印刷されたハガキ

あれは最悪だと思ってますw

 

だって自分がそれをもらったら

どう思うかが1番大事でしょ。

 

私でしたらそんなんもらったら

逆に行きたくなくなりますので

絶対に使用しません。

 

 

じゃなくて

常連さんと同じように

特別扱いせず普通に休眠客も対応することで

久々でも行きたくなるんじゃないかなって

思うのです。

 

なんせうちのニュースレターは

本当にスタッフの近況報告しか載ってませんので

読んでくれたら

 

「そぉいやアイツ元気かな」

 

なんなら

「久々に会いたいな」

 

って思い出してくれる内容なんです。

 

新商品などのウザい内容を書かずに

レターなんですから

本当に手紙を書く気持ちで

内容を決めています。

 

 

さて

題名と内容がかけ離れてきたので

今回はこの辺でw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

休眠客と同じくらいに

必ずと言っていいほど反応があるのが

 

「手紙は今後送らないで下さい」

 

ってわざわざ電話くれる方。

 

そんなお客様には

いちいち凹まずに

 

私のお店のお客様じゃないんだな

 

って割り切りましょうw

 

それが理想のお客様だけのお店にする

絶対的なマインドセットになるはずですからね♩

 

 

本屋さんに行くススメ

私の美容室に置く本は

定期購読していません。

 

必ず毎月1回は

本屋さんに行くようにしています。

 

それは

 

同じ雑誌でもその号その号で

見たいと思うのと見たくないのもあるし

 

本屋さんに行くと

その時のトレンドが分かる

 

ただ単純に

本屋さんの空間が好き

ってのもありますw

 

田舎の美容室で

ましてや夫婦で経営していると

流行やトレンドに本当にうとくなります。

 

ましてや

田舎の街中を歩いたって

そんなものを感じれる訳もなくw

 

 

なので

本屋さんという空間は

唯一、

世間の現在と繋がっている

貴重な空間なんですねw

 

わりとよくある開業直後のイタい美容室は

カッコイイ本ばかりを置いてる。

よく見受けます。

 

それがターゲットにしている

お客様の趣味に合っているならいいのですが

 

あなたの好み、理想だけで選んでいるのなら

ただ単純にお店の敷居を上げてしまっているだけで

お客さんにとっては

とても居心地の悪い空間にしてしまっている

その要因になりかねません。

 

たかが本

されど本

 

お店の雰囲気創りに繋がる

重要アイテムだと

私は思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

ネットで本も注文すればいいじゃん

そんな声が聞こえそうですが

 

ネットは

買うものが決まっていればいいですが

種類が多すぎて

本当のトレンドが分かりづらいです。

 

街の本屋さんは

その街に合わせた(気がする)流行の本の種類もあるし

見て感じれる。

 

まぁ息抜きには

最高の空間ってことですw

 

 

 

 

閉店に追い込まれました

私の幼馴染みの美容室の経営者が

閉店に追い込まれました

 

理由は簡単

家賃滞納です

 

幼馴染みなので

あえてコイツと呼ばせていただきますが

まぁお金にだらしないヤツでして

 

それでも

運があるというか

もっているというのか

 

今まで何があっても

どうにかなってきちゃうヤツでした。

 

そんなヤツをみていて

いつも羨ましかったのは事実です。

 

なんせ

はたからみてれば

ズルいというか本当に恵まれているヤツでしたから。

 

じゃあなんで今回は乗り越えれなかったのか。

その理由はこの話しが出る前に会った時に

頼まれたことで分かりました。

 

「わりんだけど1万円貸してくれないかな。

明日、予約が入ってるからそしたらすぐ返すから。」

 

 

この言葉から分かること

それは

レジが自分のお財布だった

ということなんです。

 

これって笑えるかもしれませんが

意外と田舎の美容室で育って

田舎でそのまま独立した美容師さんに多い傾向です。

 

経営を勉強しないで独立すると

本当に基本中の基本もわからずに

その場しのぎで過ごしていき

 

気付いたら取り返しの付かないことになってしまった

 

そんなことが

たぶんどんな業種でもあり得ると思います。

 

ぜひこれから独立する方は

 

そんなの知ってるし〜

聞いたことあるから意味ないし〜

 

そう思わないで

もう一度基礎をしっかりと

勉強してから独立して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

こんだけ偉そうにブログ書いてるんだから

幼馴染みなんだし助けてあげないの?

 

そんな声が聞こえてきそうですが

それはできません。

 

実は

その幼馴染みのお母さんと約束していて

 

「絶対にうちの子を雇ったり仕事の手助けをして甘やかさないでね。」

 

って私が開業する報告をした時に言われてたのです。

彼のほうが4年も早く開業してたのにです。

 

お母さんはこうなることを見透かしてたのかもしれませね。

 

【便乗ネタw】予約のキャンセル料について

先週くらいからかな

なんか有名どころの美容師さんが

予約のキャンセル料を取るか

このネタで盛り上がってましたw

 

このネタのはじめの人が

元同居人と言うことは内緒でお願いしますw

きっと盛り上がってくれたことに

喜んでいるでしょうw

 

で、

色々な方の見解を見させていただき

本当に勉強になりました。

 

そういった意味では

この元同居人にもお礼を言わないとですねw

 

私の意見ですが

小さな美容室での

キャンセルってのは

本当に死活問題に繋がりかねません。

 

ましてや

当日ドタキャンなんて

しかもそれが縮毛矯正だったら

 

とか

考えただけでも

冷や汗出ちゃいますw

 

しかし

考えてみてください。

 

まずこのブログのテーマが

『田舎美容室』ですから

まずキャンセル料は

とらない方がいいと思います。

 

なんせ

小さな町ですから

噂が拡がるのが半端なく早いです。

 

老舗の地元のドンレベルなら

許されるかもしれませんがw

 

基本、わたしたちぐらいですと

田舎では若者扱いとなります。

 

そんな新参者の若造が

なに生意気なことをやってるんだと

炎上するのが目に見えてます。

 

正直、たぶんですが

田舎の美容室はキャンセルが多い

そんな気がしてます。

 

なぜなら、

年配のお客様が多いので

体調を崩されたり

天候によってキャンセルされたりと

 

嘘でしょって思うことでキャンセルされることがあったりと

オープン当初はかなり精神的にやられてましたw

 

が、

その状況に慣れていかないと

その商圏でお店を出してしまったんですから

割り切るしかないのですw

 

昼飯の時間ができた!ラッキー♩

とかですねw

 

あとは

キャンセル待ちの枠を作っておくとかして

私のお店は対応しています。

 

郷に従え

 

ですねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

色々な方のブログを見ていて

唯一キャンセル取っていて

納得できたのがLilyの柳本さん。

 

やはり高単価美容室だけに

コンセプトがしっかりしていて

キャンセル料を取られても

納得できる内容でした。

 

つまり

オープンするときからの

コンセプトの作り込みが

本当に大切なんだなと

思いました。