読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里帰り出店、夫婦美容室の軌跡

今は都会で働いていてもいつかは田舎に帰って開業したい!そんな人のヒントになるようなブログになればいいと思ってます★

やはり値上げをする

いつだか書いた値上げのお話し。

 

値上がってもしょうがないと

消費者に理解してもらえている方が

受け入れてもらえやすく

値上げしやすいですよね。

 

よくある値上げの理由が

新商品や新機材の導入により・・・

原価の値上がり

などなど。

 

前にも書きましたが

消費税が上がる予定で

それに便乗して値上げしようと

作戦立てていたのに

 

まさかの増税先送りにより

暗礁に乗り上げました。

 

が、

来年の4月に

予定通り値上げを実行しようと思ってます。

 

その理由付けは

やはり便乗値上げですw

 

何に便乗するかというと

普通に4月というのは

年度初めで

色々な価格が上がりやすい時期なのです。

 

たとえば今年は

有名どころで

 

ディズニーランドの入場料が

今年の4月より500円上がり

大々的に取り上げられました。

 

あと

個人的に衝撃的だったのが

ガリガリ君の25年ぶりの値上げw

 

学生の頃、お金がなかった時の

心の癒しでしたw

 

まさかの10円値上げは

その当時の私にとっては

死活問題になりかねなかったと思いますw

 

あとは

ウイスキーや高速料金など

みんな今年の4月に上がったんです。

 

こういうことがメディアに取り上げられると

値上げしても仕方がない時期

と、

 

消費者に深層心理が芽生え

値上げても普通に受け入れてもらえる

と思うのです。

 

しかし

ただ値上げるだけではやはり不安です。

 

なので

よく使う手法だと思うのですが

値下げのために

定価をガッツンと値上げ、

 

顧客の方には特別料金を設定し

また、

次回予約の方はさらに値下げるという

顧客の方も納得できるような

内容にするのです。

 

で、まず決めることが

値段をいくらあげたいのか設定すること。

 

たとえば

500円上げたい場合、

 

今までカットが4000円だったのを

6000円に値上げし

会員(顧客)の方は1000円引き、

次回予約の方はさらに500円引き。

 

そううすると

ただ4000円のカットが4500円に値上がりしました

って伝えるよりも

 

6000円のカットが4500円に割引きされました

って伝えた方が

消費者の方にとってはお得感が増すと思うのです。

 

だから私は

来年の4月までにいくら値上げるのか

作戦練り中ですw

 

で、

2年後に増税の分、さらに値上がるっていう作戦ですw

 

 

 

 

 

 

追伸

 

私の友人の経営者仲間で

お店の値上げるタイミングで

 

期間限定で

値上げる前の料金での

回数券を発行し

かなりもうけた奴がいます。

 

それもやはり

消費者の深層心理を考えれば

買ってもらいやすくなるので

アリだと思うのですが、

 

私個人としては

1回試したのですが、

 

回数券を販売したことにより

回数券のお客様を担当する時、

その時の売り上げがないと

どうしてもテンションが上がらなくて、

 

自分には回数券ビジネスは向いていない

と自覚したのでしたw