読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里帰り出店、夫婦美容室の軌跡

今は都会で働いていてもいつかは田舎に帰って開業したい!そんな人のヒントになるようなブログになればいいと思ってます★

ナンバー2理論

先日から少し盛り上がってる

ナンバー2理論

 

良いお店には

必ず良いナンバー2がいる

 

私もつくづく思いました。

 

なんせ

身近で成功している

元同居人の経営している会社も

 

ナンバー2あっての

会社である事は

誰が見ても間違い無いと

思えるからです。

 

記事書いてる皆様も言っていますが

ナンバー2は経営者に対して

 

あれはいけません

これはダメです

 

とか

ただストッパーになるのでなく、

 

じゃあ経営者がそれをしたいのなら

自分は何をするべきなのか

 

そこのフォローに入れるかが

重要なのかなって思うのです。

 

ナンバー1は経営者なのだから

経営に専念できる

 

そんな環境を作れるのが

ナンバー2なのかと。

 

たとえ

ナンバー1がお店に居なくても

何も感じさせないでお店を回せる

 

いわば

現場の舵取りを担うのが

ナンバー2の最重要課題だと思います。

 

例えば極端に言うと

ナンバー1が経営セミナーに行くのなら

ナンバー2は最新技術セミナーに行くとかw

 

お店は俺に任せろ

あんたは集客してくれ!

 

ってね。

 

だから

意外とスタッフから

経営者より慕われてるスタッフがいるお店って

 

とても良い感じに

運営されてるように見えます。

 

そこで大事なのが

経営者が

ナンバー2にひがまない

 

当然っちゃあ

当然なのですがw

 

バカな経営者は

「ここは俺の店だぞ‼︎」

 

なんて圧力かけて

みんなが辞めていってしまう

 

そんな話しも聞いた事あります。

 

なので、

ナンバー2が大事ということ事より

その事をナンバー1がちゃんと理解している

 

そっちの方が数倍大事なんだろうなって

思うのです。

 

自戒を込めてw

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

実は私も雇われているときは

お店の中では店長でなく

副店長として頑張っていました。

 

部活の時も

キャプテンでなく副キャプテン。

 

そんな人生を送ってきたので

妻しかいないお店であっても

ナンバー1である今、

 

ナンバー2がいいなぁなんて

思ってしまう

まだまだ甘茶な

ナンバー1なんですw