読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里帰り出店、夫婦美容室の軌跡

今は都会で働いていてもいつかは田舎に帰って開業したい!そんな人のヒントになるようなブログになればいいと思ってます★

田舎の美容室的ホット◯ッパーの考え

前にも同じような議題で

記事を書いた気がしますがw

 

やはり今の時代、

美容室とHTPは

切っても切れないくらいの関係に

なってると思うので

改めて書いとこうと思います。

 

 

まず

HTPをどうするかとか考える前に

やらなければいけない大事なこと

 

それは

お店のコンセプトとターゲットを

明確にしなくてはいけないという事です。

 

それが

最新のトレンドと技術を駆使して

若い人をターゲットにするならば

当然、HTPはやるべきでしょう。

 

 

逆に

私のお店のある地域のように

高齢化がすすみ

そこを狙ってマダム層をターゲットにした場合

果たしてHTPが有効になるのでしょうか。

 

 

そもそも

田舎でお店を出す場合、

はじめに知っとかなきゃいけない事は

その地域で1番トレンドの媒体は何なのか。

 

これは本当に重要です。

なんせ

下手なものと契約して

ランニングコストが上がる事が

小さな美容室にとっては1番イタい事ですから。

 

 

では

どうやってその地域での

人気媒体を調べるのか。

 

答えは単純で

グーグル先生に聞いてみましょうw

 

『地域名 美容室』

 

そうすると

たいていはHTPがトップに出てくるかと。

そこで安易に判断して

契約してはダメです。

 

なんせリクルートSEOは半端なく強いので

トップにくるのは当然なことです。

 

そこが大事なのでなく

田舎の美容室でしたら

ちゃんとHTPを開いてみて

 

その地域でどれくらいの数の店舗が

HTPに登録しているのか

そこまで調べてみて

入るかどうか判断してください。

 

 

ちなみに

私の地域では調べると

やはりHTPがトップに出てきましたが

開いてみると

 

私の街の美容室は1つもありませんでしたw

 

じゃあ登録すれば独壇場じゃん!

なんて思うかもしれませんが

こう考えてはどうでしょうか。

 

HTPで調べてくるようなお客様はほとんどいない。

 

ありえないと思うかもしれませんが

私の地域ではありえてしまった話しですw

 

なので

その地域で美容室は何を使われて調べているのか

そこを徹底的に調べて見る価値があります。

 

わたしの地域では

ネット検索すると

2、3番目に出てくるのですが

 

エキテンが1番、登録数がありました。

 

しかも

エキテンのキャッチコピーが

 

『ヘアサロンの口コミ・評判・ランキング』

 

日本人の大好物ですよねw

 

当然、私はエキテンに登録しました。

そして口コミを集め

上位にくるように努力しました。

 

結果、

1年もしないうちに

1番上に表示されるようになりました。

(口コミを集める方法は要望があればまたの機会に書きます)

 

なので

今、私の地域で美容室を探して検索した場合、

ほとんどの方が私のお店に電話をかけてきます。

 

それぐらHTPじゃなくても

強力なものがあるんです。

 

 

どうしても都会で働いてると

HTPはやって当然と思われがちになっちゃいますが

 

登録する前にぜひしっかりと調べてみて

本当にHTPが必要なのか

確認してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

私のお店の地域では

ネット検索よりも

もっと反応率が高いものが存在します。

 

それは

新聞広告です。

 

今の時代に新聞ですかって

思われると思いますが

 

先ほども書いた

ターゲットが誰でどんな人なのか。

そこをしっかりと定めていれば

 

何が1番情報源となっているのか

見えてくるはずです。

 

 

ただし

新聞広告も

やみくもに書いて

適当に出したって

ろくな結果に繋がりません。

 

新聞広告の作成についても

またの機会があればぜひ♩