里帰り出店、夫婦美容室の軌跡

今は都会で働いていてもいつかは田舎に帰って開業したい!そんな人のヒントになるようなブログになればいいと思ってます★

新店舗、物件探し

私の1つの理念?考えの中に

理想の答えに合った行動をする

というのがあります。

 

つまり

 

理想が現実になるように

それを引き寄せるような行動をする

と、言ったらいいでしょうかw

 

 

なんか

自己啓発的な

怪しい感じがしますかねw

 

例えば極端な話し

お店にお客様にもっと来てもらいたい

と思うのなら

駐車場を増やしてみる

などですw

 

ちなみに

この駐車場を増やすってのは

実体験であり

達成した実例だったりもしますw

 

 

なので、

私はこの

理想を呼び込む行動ってのを

割と信じようと心がけていますw

 

まずは信じないと

きっと呼び込ませんからねw

 

 

で、

最近の妄想?の理想として

スタッフの増員と

店舗拡張移転

 

コレです。

 

妄想と言っても

割と本気なのですがw

 

 

で、

どんな行動を取るかって

前に書いた先輩との話し

 

このターゲティングをし

じゃあこの先輩がもし

私のお店に来てくれるのなら

何をしておくべきなのか

 

 

その辺を妄想して

行動してるんですね。

 

 

あと1つ同じように

信じてる事があって

 

妄想?を強く念じていれば

チャンスがやって来ると

信じてますw

 

けど

これはチャンスだけであって

行動するかの判断は自分次第です。

 

 

で、

いま起きているチャンスが

たまたま私のお客様のお母様が

所有している物件が空いたという

情報が流れて来ました。

 

今の店舗の倍ぐらいの広さなので

当然、家賃も倍近くて

とうてい直ぐに移転とはなりませんが

 

このチャンスが来たのなら

どうにかして

スタッフを増員して

その家賃を払えるようにする

 

もしくは

知り合いであるからこそ

うまく家賃交渉が出来るようにもっていく

 

コレですw

 

 

もちろん

娘さんであるお客様にも

その事をアプローチしていますし

 

そのお母様のお友達が

私のお客様でもあるので

そっからもアプローチしてもらってますw

 

 

あと私が出来ることは

スタッフを増員して

売り上げを伸ばす環境作りです。

 

とりあえず

今度、前に話していたその先輩が

私のお店に遊びに来てくれるようなので

 

それって割と脈アリと

勝手に思っているのでw

 

私の今後のビジョンを伝え

共感してもらえるかどうか

判断しようと思っています。

 

 

あとは

タイミングが合致するかですね。

 

 

流れは確実に来ているので

 

この状況を楽しみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

そんな中、先日

今の物件の契約更新がありました

 

初めの契約の時に

割と無理言って値引きしてもらってたので

 

売り上げが安定した今

家賃を上げられらのではないかと

ビビっていましたが

 

そのまま家賃で

無事に更新できました。

 

 

逆に

もし上がれたのなら

 

その新しい物件の移転理由になるかなぁ

なんて思っていたので

 

拍子抜けではありましたが

とりあえず現状維持ということで

 

大家さんに感謝ですね。

 

 

 

 

 

暇な時間の過ごし方

忙しい忙しい言っても

ちょいちょい暇な時間が

できるもので

 

 

 

そんな時って

たぶん経営者ならば

何年経営していたとしても

不安になるものだと思いますw

 

 

 

その暇な時間をどう過ごすか

 

オープン当初ならば

チラシ配りなど

当然やるべきだと思いますが

 

 

顧客が付いてきて

もう新規は必要ないくらいまで

安定してきているオーナーさんは

 

街に繰り出してみましょうw

 

 

 

何をするかって

ネタ探しですw

 

知らないうち

新しいお店ができてたり 

 

あとは

お客様に薦められたお店などに行ってみて

感想をお客様に伝える

 

 

こんな何気無い事なんかで

お客様も喜んでくれて

絆が深まるものです。

 

 

ついでにですが

新しいお店に行く際は

名刺を持って行く事も忘れずにですね。

 

チラシだと露骨過ぎて

自分がやられたら嫌ですし、

 

名刺だったら

そんな簡単に捨てられる事も無いですからねw

 

 

地域密着ってのは

私たち田舎の小さな美容室にとって

最大の絆ですから

 

大事にしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

最近、私のお店の近所では

夏に合わせて新しい飲食店が

軒並みできていたのですが

 

 

観光地だから

本当に分かりやすいぐらい

夏が終わるとあっという間に

観光客が減っているのが目に見えて

 

暇そうに見受けられます。

 

飲食店は少しかじったので

ちょっとは気持ちが分かるのですが

この温度差はかなり激しいと思います。

 

こっから

新規参入店は

精神的にしんどい

耐えどきの時期です。

 

 

そう考えると

私は美容室経営で良かったなぁって

つくづく思うのですw

 

 

 

 

 

 

 

ピンチがチャンス

仕事ができなくなったら

どうするのかって

前回の続きのような感じですがw

 

 

世の中の流れにおいて

 

誰かが下降路線の状況の時には

必ず

誰かが上昇気流に乗っている

 

そんな事

思う事ありませんでしたか?

 

私は子供の頃から

そんな事を考えてましたw

 

 

身近な問題で言うならば

北朝鮮がミサイルを撃つことにより

 

大半の人は不安になりますが

その時を楽しみに待っている

そんな人たちもいるのです。

 

 

極端に言うならば

兵器を作っている業者さんとかは

稼ぎどきですよねw

 

もっと身近に言うならば

 

例えば東北大地震があった時

美容室の売り上げは下がりませんでしたか?

 

私の今お店のある場所の観光地は 

とんでもなく不景気に陥り

何人もの仲居さんがクビになったと

今でも聴き継がれています。

 

まったく東北とは

かけ離れた場所なのにです。

 

つまり

万が一、北朝鮮のミサイルが

日本に落ちたとき

 

あなたの美容室は

今まで通りの安定した

売り上げを上げる事ができますか?

って話しです。

 

 

これは前回の話しと違って

前の職場に助けを求めたって

たぶん

同じ不景気に陥っているはずなんで

厳しいはずです。

 

 

こうなると

自分で自分のお店を守るしかないんですね。

 

 

で、

最初の話しに戻るんですが

 

じゃあ

北朝鮮がミサイルを撃つことにより

景気が良くなる事ってなにか

 

ちょっと難しい話しになりますが

今ですら

北朝鮮がミサイルを撃つたびに

影響が出ているのは

 

株価がさがったり為替が荒れたりと

分かっていることは多いですよね。

 

だったら

さっきの話しに繋げるなら極端な話し

兵器を作っている会社の株を買う

 

とか

 

日経平均の逆の動きをしている

銘柄を買う

 

などなど

世の中の流れと

比例するものと反比例するものがある

 

と言う事を理解しておくだけで

じつは

ピンチをチャンスに変えれたりする

 

そんな事も

世の中にはあるんですね。

 

美容師だけの頭でっかちにならずに

万が一、美容師が出来なくなったら

 

そんな知識を勉強しておく事も

小さな美容室のオーナーにとっては

大事なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

今流行り?の仮想通貨

 

これも実は

世の中の流れと

反比例しているって

知っていましたか?

 

株とか為替とかは

いきなりやるのは難しいかもしれませんが

 

仮想通貨なら

出てきたばかりの物なので

まだ間に合うと思います。

 

あとは金とかの

現物資産は間違いなく

不景気の時に景気が良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事にも保険をかける

北朝鮮のミサイル問題

そろそろ他人ごとじゃなくなってきましたね。

 

万が一、

自分のお店の地域に

Jアラート?が鳴ったならば

あなたはその日、

普通に営業できますか?

 

万が一ミサイルが

ご近所に堕ちたのなら…

 

これはミサイルだけでなく

どこでも起こりうる

天災や火災だったりも

当てはまります。

 

つまり

やはり他人事ではない

 

で、

そんな時に

美容室にお客様が来るかって

来るわけありませんよねw

 

髪は切らなくても死にゃあしない

 

これ実は

私のマインドでもあるのですがw

 

そうい世間が窮地になった時に

私たちの仕事って

わりと弾かれるんだろうなぁって

いつも危機感を持っています。

 

で、

題名にもした

仕事に保険をかけているかって

 

これは

本当の保険もまぁ大事なのですがw

自分の美容室に

お客様が来なくなった時、

 

はたまた

天災や火災で

美容室が使えなくなった時、

 

どうやって稼いでいくのかって話しです。

 

私が1番基本的な事として考えている事が

 

前の会社で働かせてもらう

コレです。

 

多分、このブログを読まれている方は

ブログの題名のごとく

 

都会で働いていて

田舎に帰ってきた美容師

 

のはずですから

前の職場は遠いはずです。

 

なので、

天災があったとしても

さほど影響のない地域にあるはずでしょう

 

だったら

避難という意味でも

それが1番なのではないかと。

 

 

そう考えると

1番大事な事は

円満退社ですw

 

まだ独立前で

雇用の身の方は

是非、実践して下さいw

 

もう独立した方も

繋いでおくという意味で

お中元やお年賀などは

当然、やっておくべきです。

 

 

私は実践しており

その度に前の会社から

わざわざ社長自ら連絡をいただき

 

近況報告などお互いにしています。

 

こないだなんかは

たまには顔を出せという事で

休みの日に会社に伺ったのですが

 

色々と歓迎され

また

私の地域に辞めて行く子がいたら

紹介するという事まで

言っていただけました。

 

前の会社のおかげで

今の自分がいる

 

少し成功したとしても

初心を忘れずに

感謝も忘れない

 

 

なんかグダグタにはなってきたので

今回はこの辺でw

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

本当は今回のブログは

自分のお店が使えなくなった時の

他の出来る仕事について

書こうと思っていたのですが

 

本当にグダグタになってしまいましたねw

 

申し訳ないです。

 

副業的な事だったのですが

要望がありましたら

またの機会にでも

書いてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

聞き役に徹する

先日、前の会社の女性の先輩で

今は後輩のお店で雇われている方と

お会いする機会がありました。

 

 

この先輩は

全て1人で

指名200人を超え

売上も100万円を超えるという

とてつもない先輩でした。

 

そんな先輩が

なぜ後輩のお店で雇われているのか

 

 

それは

やはり女性ですから

なかなか独立に踏み切れない

 

あまり気にしていなかったのですが

女性美容師のあるあるみたいですね

 

普通に考えて

どんなに凄い美容師でも

美容室で女性の経営者って

あまり聞かないですもんね。

 

で、

大手で雇われていると  

若い子たちが次々と入社してくるので

年と共に居ずらくなり

退社に追い込まれる

 

で、

後は知り合いのお店に行くか

最悪、1000円カットに行くか

はたまた転職などなど

 

独立ができる女性って

相当強いってことですねw

 

 

で、

話しを聞いていて

ふと思いついたのが

 

年齢のいった女性美容師って

わりと

田舎の美容室に合うんじゃないかって

事なんですw

 

当然、

技術と接客は経験豊富でしょうし

 

なんなら

立場をわきまえているので

ちゃんと

会社の事や経営者の事をたててくれる

 

話しを聞いていて

そう思ったのです。

 

これは田舎の美容室の経営者にとって

朗報では無いでしょうか?w

 

しかも

先輩ですから

奥様への対応も出来ますし

言うことなしw

 

 

そんな事を考えながら

 

後輩の経営者の事を

ずっと愚痴っている先輩の話しを

聞き役に徹したって話しでしたw

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

で、

先輩に私のお店に誘ったかと言うと

誘っていません。

 

あくまでも

後輩のお店のスタッフですからね

 

そんな邪道な事は出来ませんw

 

 

ただ

私のお店の魅力を

十分にお伝えして

 

先輩が私のお店にいたのなら

こういう風になるでしょうね〜

 

なぁんて

妄想はしていただきましたw

 

自分からは誘えませんが

ご自身で来たいと言ってくれるのなら

 

いつでも来ていただけるような

環境を作っておこうと

思った次第です。

 

 

 

 

 

ターゲットとマッチした広告を考える

営業中の昼下がり

お店の電話に03から始まる

東京からの着信がありました。

 

 

基本、このパターンの着信は

営業の電話が多いので

そのつもりで電話に出てみました。

 

 

「もしもし、私JRの〜でして…」

 

 

どうやら

JR関連の媒体に

広告を載せないかという

そんな電話でした。

 

 

偶然にも

私が手が空いていたので

詳しく聞いていると

 

 

よく家の冷蔵庫の横などに貼ってあった

JRの電車の時刻表に

載せれる広告との事。

 

 

私が今、ターゲットにしているお客様は

単価を上げた分、

地元の人ではなく

移住者の方なのですが、

 

その移住者に絞って集客する場合

インターネットか折り込みチラシしか

今は無い状況で

 

インターネットの場合は即効性がなく

折り込みチラシの場合は

費用が1番かかるという

デメリットがあります。

 

どう攻めようか考えてた矢先の

このオファーでしたw

 

 

今出している私のお店の

新聞広告というものは

地元の地域新聞であって

 

正直、

移住者の方はあまり

読んでいない新聞なのです。

 

 

で、

今回の時刻表と言うのが

全国紙の新聞に入れる

折り込みチラシ型なので

 

必然的に移住者の方にも

取ってもらえる。

 

さらには

引退をして移住してきた方は

わりとまだアナログ世代が多いので

 

電車の時刻を

インターネットで調べるより

こういった時刻表の方で

調べる人の方が多いと思うので

 

 

さらにはさらには

移住者という事は

初めのうちはまだ

 

東京に行かれたらすることも

わりと多い人がいるので

 

時刻表を見る頻度が高い。

 

 

そして、

この営業の人のクロージングの言葉が

狙ったかどーかは知りませんが

 

「今ならまだ良い場所空いてますよ♩」

 

はい、

久々に営業にのってしまいましたw

 

勢いだけでなく

わりと電話の中で

ちゃんと

費用や配布部数なども聞きましたよw

 

そういった事を総合的に聞いた結果

これは良いと判断したまでです。

 

 

まぁ

反応なかったとしても

費用がかなりお安かったので

 

良いかなってw

 

 

たまには営業の話しも

ハナから聞かないと決めず

ちゃんと聞いて見ることも

大事ですねw

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

今回、

なぜうちが選ばれたか聞いてみたのですが

電話帳で調べてヒットしたとの事でした。

 

この電話帳の広告も

オープン当初に

何でもやってやれという気持ちで

 

営業の電話にのった話しの広告でしたw

 

3年越しでやっと

役に立ちましたw

 

 

 

 

 

信じるか信じないかは…

前回の続きで

同級生のお店に行った時の話し

 

 

彼と私は

今では普通なのかもしれませんが

当時の地方の専門学校では珍しく

都内の美容室を目指し、

学校では変わり者扱いされていましたw

 

 

そんな彼が

新入社員で入社したのが

今でも都内では有名な美容室で

 

当時は

カリスマ美容師が何人も在籍していて

かなりの有名店でした。

 

 

その当時にお世話になった先輩と

彼はまだ仲が良いらしく

 

今でもその有名店に在籍しているので

都内の美容室の最新事情、

 

つまり

美容業界の今の最新事情が

教えてもらえるそうで

 

そんな情報の一つをや教えて貰ったので

現実となるかは分かりませんが

面白い?ネタだったので

シェアしておこうと思います。

 

 

 

美容師求人難のこの時代

当然、美容学校も

生徒さんがだいぶ減っているそうで

 

そんな美容学校の中、

私が学生時代に美容師ブームにのって

拡張に拡張を続けて

みるみると大きくなっていった

超有名美容学校Yも

深刻な生徒不足に悩まされているらしく

 

そこで

奥の手と言いますか

 

美容学校を3年生にしよう

 

と、

訴えているとのこと。

 

 

は?と思われるかもしれませんが

そこは超有名なY専門学校

 

今までに美容業界を引っ張ってき

日本の美容業界の成長に

多大な貢献をしてきたので

 

わりと国も

3年生を受けいるのでは

 

だと言うのです。

 

しかも

早くて5年以内ではないかと。

 

 

さぁて皆さま

この話しを信じますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

 

もし美容学校が3年生になったら

なった次の年は

新人さんが日本で0人と言う事です。

 

そうなるとどうなるか

 

多分、

大型店やチェーン店は

厳しい状況になるのではないでしょうか。

 

潰れる店が出たり

下手したら会社自体が倒産

とか

 

もちろん

美容師求人難は

さらに増すということです。

 

 

けど

この状況を逆に捉えると

大型店やチェーン店がピンチの時は

 

個人店はチャンスとなる

 

そのネタを今のうちから

考えておけば

 

今世紀最大の

色んな意味での

チャンス到来になるのではないかと

 

ぜひ一度

考えてみて下さい。

 

 

テーマは

個人店と大型店、チェーン店との

差別化です。