里帰り出店、夫婦美容室の軌跡

今は都会で働いていてもいつかは田舎に帰って開業したい!そんな人のヒントになるようなブログになればいいと思ってます★

チャイナマネーと美容室

最近あまり聞かなくなった

中国人による爆買いニュース


最新の爆買い事情は

人間ドックや美容整形、歯医者など


日本での医療行為をやりに

お金持ちの中国人がたびたび

日本にやってくるそうです。



そんな中

最近、SNSなどで

ちょいちょい見かけるようになった


日本の美容師による

中国人向けのセミナー


どっかの日本のディーラーが

中国の美容室と繋がって

開催しているのかなと思っていましたが

違いました。



たまたまこないだ

中国人向けのセミナーを開催した

美容師さんと話す機会があったので

聞いてみると


ディーラーやメーカーなど全く関係無く

ダイレクトメールで来るそうです。


しかも驚いたのが

料金は決まっておらず

わりと強引な言い値で大丈夫との事。


そりゃどんなに中国人が嫌いでも

受けてしまいますよねw


またこんな話しも


中国で出店した

日本で100万円くらいの

売り上げスタイリストが


なんと600万円売り上げたとの事。


単価が異常に高いそうです。


まだまだチャイナマネーは

存在しているという事ですね。


この現実を田舎の地方美容室では

どう落とし込めるか


髪質が似ている分

トリートメントやシャンプーなど

自己開発してるサロンなんかは


上手く繋げればいけるんでないかと。


チャイナマネー

吸い上げたいもんです♩













追伸


ただ、その美容師さんは

こんな事も言っていました。


確実に中国人の技術は

会うたびに進歩していると。


そしてお国柄が

負けず嫌いが多いので

どんどん吸収していると。


いずれ立場が逆転して

日本人が中国に学びに行く時代が

来てしまうのではないか

危機感を感じている。


なかなか深い話しを聞かせてもらいました♩



信じるか信じないかシリーズw

前にもこんな記事を

書いたような気がしますが

マジで効果があった事なので

書いておこうかと思います。



私のお店の常連さんで

日本でもかなり有名な

経営コンサルタントのご家族が

来て下さっています。



その有名な先生はもう

他界してしまっているのですが


そのお婿さんもなかなかのやり手で

先生に色々と教わっていたみたいですが

しっかりと伝承しているので、

都内で大きな会社を経営しています。


そのご家族が先日、

宮古島に家族旅行に行ってきたそうで  


もちろん旅行がメインなのですが


その他界された有名な先生が

とても好んでいて

自分の著作にも度々登場する

パワースポットを巡ってみる


これが一つの目的だったそうです。


で、

行ってきた感想が


とても良かったとの事で

行ってみなと勧められたので

私も今回、

そのパワースポットに寄る事にしました。




パワースポットと言っても

個人宅の庭にあたるところで

そんな整備されているところでなく

なかなかの場所でしたが


なんでしょうね

不思議な感じがする場所でしたw


まぁ旅行の一つとして

寄ってみただけなのですが


帰ってきたらあら不思議

ずっとお店が忙しいんです。


なんでしょうね、

今までも割と忙しいお店ではあるのですが

違う忙しさと言うか


穴が埋まっていく

効率の良い忙しさが続いているのです。


当然その理由がコレだとは

はっきりとは言えないですが

明らかに流れが変わったというか


旅行からかえってきてからずっと

良い感じの流れが続いております。








追伸


結局はなんですが

とりあえず信じて行動してみない事には

変化なんかあるわけない訳でw


とりあえず自分の考えとしては


自分より成功している方が

良いと言っている事を

真似してみるのは当然でしょ


って話しでしたw

宮古島で教わった新しい経営スタイル、

まだ先日の旅行の余韻が冷めず

すでにもう宮古島に行きたい衝動に

毎日かられていますw



そんなに楽しかった旅行ですが

今回、初めて

カヤックツアーに参加しました。



もちろんその事自体は

とても楽しかったのですが


そのインストラクターさんとの

会話がとても興味深かったので

シェアしたいと思います。



このインストラクターさんは

宮古島出身の方なのですが

元々は都内で全然違う

別のお仕事をしていたそうです。



そんな時に

帰省した際に地元の同級生と集まった時に

この宮古島の為に何かしたいよね〜


と言うのがコトの発端で


ある一人が株式会社を設立し

その中で色々な部署を作り

子会社をたくさん作ったそうです。


その一つの会社が

今回お世話になったカヤックなどの

宮古島のアクティビティ部門の会社で


ほかにも飲食業や

撮影などの部門もあり


トータルの売り上げから

一人ひとりが社長ですから

報酬としてお給料が

会社から支給されるとの事でした。


これは新たな発見でした。

私の中ではやはり

会社を立ち上げて

色々な部署を設ける場合は


全てが関連事業である事が

当たり前だと思っていたからです。


美容室だったら

ネイルやマツエク、エクステ、エステ、増毛

などなど

美容関連でしか思いつきませんでした。



その立ち上げる会社を

美容業とするのでなく、

今回の宮古島の方のように


なんて言うんでしょうねw

地域密着型地域活性化


そんな会社にしておけば


美容室もやっていますが

飲食業もいけるでしょうし

福祉なんかもいけるかなと。


色んな意味で

美容室だけで考えているよりも

事業拡大ができるのではないかと

思った次第です。



では

1番面倒な

経理をまとめる会社設立を

誰がするのか



ここの人材確保が

1番の重要なトコであり

難しいトコなのかなと。


けど考えただけでも

楽しそうですけどね♩











追伸


こういう会社を立ち上げるのに

何が1番良いかって


やはり

どんな事業を作るにしても

目的意識が疎通しているというてんです。


今回の宮古島の会社でしたら

宮古島にお金を落とすという

共通の目的意識ですね。


そして

何より誰が1番偉いとかでなく

みんながみんな

得意分野を担当しているので


皆同等の関係というのも

良いのではないかと思うのです。


この辺だけを学ぶ為に

また今度、宮古島に行ってみようかなって

やはり行きたくなってしまいましたw






客単価が高いって良いのか

こないだ知り合いの美容室経営者と

軽く飲んだ時の話し


自慢げにw

「うちの店、客単価1万5千円なんだよね〜」


との事。



私のお店は客単価9千円くらいなので

素直にスゴいと思いました。


確かスタリストがオーナー入れて3人で

アシスタントが2人だったかと思います。


聞いてみると

通常の料金に


アシスタントがベッドスパやトリートメント

ハンドマッサージなどを付けて


なんなら店販も入れての客単価でした。


まぁそれは良いとして

じゃあ月の売り上げはどれくらいなの?


と、私が聞いてみると


「だいたい250万くらいだね」


へ⁉︎


驚きました。



客単価がそれだけ高いのに

おかしいと思いました。



ちなみに

私は奥様と2人で

客単価9千円でだいたい

月の売り上げが200万円くらいです。




この知り合いの場合、

4人雇っているわけですから

その人件費もかかりますし、


高単価な分、高級なモノを使っているので

原価率が高く、それでいて

この売り上げって…


よくよく聞いてみると

スタリスト達が客単価だけを

意識し過ぎてしまい


時間がかかるメニューが上乗せされ

結果、客単価は上がったが


売り上げはそこまで上がらなかった

との事でした。



確かにオーナーとして

人を雇った場合、


客単価を意識してもらう事は

とても大事だと思います。


しかし

もっと大事なのは

当然、売り上げであって


なんなら

リピート率に繋げる事なのではないかと。



そこまでしっかりと

意思を伝えないと

こういった事になってしまうんだなぁと


考えさせられてしまいました。









追伸


客層にもよりますが

私の考えは



正直、

客単価なんて上げようと思えば

いくらでも上げれると思います。


ただ、

客単価が上がり過ぎると

リピート周期が長くなるのではないか


と、不安があるのです。


そのベストが

私のお店の地域だと

9千円くらいかなぁって思っています。


客単価で考えるのなら


一回のご来店の客単価で考えるのでなく

私はその1人のお客様の

1年間の総売り上げを伸ばす事を考える


これが正解か分かりませんが

今の私の考えはコレなんですw






スイートルームから学んだ経営学

先週の日曜日から連休をいただきまして

沖縄に旅行に行ってました。


このブログは

だいたい毎週日曜日に更新してるので


旅行行くまでは

沖縄でゆっくり更新しようとか

思っていたのですが


行ってみたら

あまりにも居心地の良いホテルでして

すっかりブログの存在を忘れてしまい…


そんな言い訳から始まる

今回のブログのテーマは



人生初

スイートルームに泊まってみて

満足度を確かめてみるw




最初に伝えておきますが

決してわざわざ

スイートルームを選んだのではなく


このホテル自体のテーマが

オールスイートルーム


という

とんでもないホテルだったので

スイートルームになっちゃった

という訳なのですw



ただ

このホテルに泊まる事で

海まで繋がっているリフトに乗れる


これに乗りたいが為に

このホテルを選んだので


正直、このホテルの他の事は

あまり調べないでいました。



まずは

部屋に入ってビックリ


ベッドルームが2つ

(1つは昼寝用との事w)


プールも付いてるし


なんと

バルコニーの先は

大きな池見たくなっていて

亀さんが優雅に泳いでいるという


水上コテージのような

作りとなってました。



で、

始め部屋は入った時は

昼寝用のベッド⁉︎w


なんて笑っていたのですが

いざ横になってみると

寝心地の良いこと良いこと


ご飯食べた後や

あいだあいだの休憩に

とても役立ちましまたw


まぁ

そんな部屋の事はどうでも良くてw



大事と言うか見習わなくてはと思ったのが

このホテルのスイートルームの特権です。


まずは

はじめに言った

リフトに乗れるという特権


このホテルは

敷地内がグループホテルがたくさんあり

ランクが低いホテルもあったのですが


そのホテルによって特典が違うみたいで

私の泊まったホテルだと

リフトの無料券が付いてました。


また

他の施設の割引券なども

たくさん付いてました。



例えば

敷地内の巡回バスが

何回でも無料で乗れ


部屋まではカートに乗せてくれたり


なんかいちいちワクワクさせてくれる

まるでディズニーランドのようでしたw



あとこのホテルの特典として

ホテル内にあるカフェが

アルコールからジュースまで

いつでも飲み放題という


たぶんこれだけで

元は取れた気がしますw


また

ショップで使える金券2千円が付いてたので

外から買い込んで来なくても

ドリンクなど充分に買えたのです。


さらに

部屋にはお土産が用意されていたり

連泊したのですが


ルームクリーニングを簡易的なもので良い

に設定すると

宅急便一箱無料が付いてきたのです。


これがわりと使えて

最終日までにお土産と洗濯物を

詰め込んで仕舞えば

帰りの荷物が軽いのなんのw 



そして

サプライズだったのが


私の誕生日だったのですが

何も伝えていなかったのに


外出から部屋に戻ると

お花とメッセージカードが準備してあり

さらに

写真撮影と額付きでプレゼントとされる

まぁ至れり尽くせりでした。


今まで沖縄旅行というと

ホテルは寝るだけの部屋であって

ほとんど出っ放しで居なかったのですが


ホテルで過ごすという意味を

教えてくれた部屋でした♩








追伸


スイートルームというと

桁違いの10万とか2.30万とか

思われるかもしれませんが


まだまだ沖縄の離島のホテルは

相場が都会に比べてだいぶ安く

3万円代で泊まれました。


自分にとっては本当に

コストパフォーマンスの良いホテルでした。


もちろん

いつも言っているマイレージで行ったので

旅費はホテル代のみ


だからこそ

ランクを上げれるのですw


そういえば

スイートルームから学ぶ経営学ですが


何か気付きはありましたか?


基本はやはり

お客様をワクワクさせること


そして

思った以上のおもてなしをすること


極め付けは

サプライズの演出


分かっちゃいますが

なかなか出来ないことですよね。


私のお店ではないですが

たまに大手なんかでやってるメニューで

全てお任せコース的なやつで


3万円くらいで設定すれば

技術と仕上げは当然として


そこに技術以外の

おもてなしとサプライズを仕込めば

最高なのではないかと。


その自信は私にはないので

まだ実行は出来ませんが


出来る人はきっとたくさんいるはずです。


なんだかんだで田舎でも見た目

先日、

隣町のラーメン屋さんに行った時

後ろの席でもろに地元っていう

おばさま達の話し声が

ガンガン聞こえてきました。


ひとりのおばさんの知り合いの息子さんが

この町で美容室を開業したとの事

是非行ってくれないか


そんな感じでした。



しかし

そこの集団には


その開業した美容師さんの

親近者はいなかったので

結構、本音トークが炸裂したのです。


ちなみに

その美容師さんは

実は私もよく知る友人?ですw


なので

密かに聞き耳立ててましたw


「あーあそこの息子さんよね。

ちょっと私苦手なタイプなのよねー

だって

格好がなんか汚らしいし

髪の毛も美容師なのに

なんかボサボサじゃなーい。」



話されている対象が友人なだけに

予想以上にショックを受けましたw


彼は私の中では

いかにも美容師という美容師?でw


洋服もいつもオシャレで

髪型もパーマをかけていて

密かに見習っていましたw


それがこの言われようとは…


つまり

私から見たらオシャレな服装は

(ゆるい感じの重ね着など)


おばさまから見ると

ダラしなくて汚い


パーマヘアは

ボサボサヘアー


この隣町とは

私の働く町と

ほぼ同じくらいの大きさです。


移住者は私の街ほど多くはなく

もし美容室をやるのなら

地元のお客様をしっかりと

捕まえなくてはならないのです。


隣町とは言え

これはかなりの勉強となりました。


なんせ

田舎の地元のお客様を捕まえる

もっとも大事なことは


技術よりなにより

口コミですから。



これをその美容師に

伝えれる訳ないですよねw


高齢化が進んでいる

田舎の町では

1番多い世代の人達の意見でしたので


本当にありがたい事でした。








追伸


たまたまと言いますか

割と私も都会で働いていた頃は


太めのダメージジーンズや古着などで

全身かためていたのですが


田舎で開業するにあたり


パンツは細身のみ

上は白シャツのみ


と決めました。


それは

一つは迷う時間がもったいないってのと


もう一つはやはり

ご年配のお客様を相手する時には


オシャレより何より


清潔感が1番だと考えていたからです。


襟付きで白シャツ


無敵ですねw




同じモノの価値を上げる方法

こないだとあるテレビ番組で

SMAP中居さんの意見が

とても共感できたので

シェアしたいと思います。



高級ないちごのショートケーキの話しで

ワンカット¥1200との事。


とても稼いでいる中居さんでも

そりゃ高過ぎで買わないと言ってました。


まぁ価値観の違いだろうし 

どんなに稼いでいても

いちごのショートケーキの価値は

そんなに高くないと言うのです。


しかし

とある事実を知ったら

「それだったら買うかも。」


と言ったのです。  


それは 何かと言うと


とても貴重なイチゴだからとか

もちろん有名なパテシエだからとか


そんな

よくある話しでなく

中居さんらしいと思える事でした。





それは


1ホール¥10000


という事を知った時でした。


ワンカット¥1200だと高くて

躊躇してしまうけど


ワンホール¥10000なら

納得して買ってしまう。



面白いですよね。

同じモノでも

サイズが変わるだけで

その人の価値観が変わる。



これって美容室で例えるなら

何にあたる事でしょうか。


よくあるのが

シャンプーなどの

詰め替えパックが

お買い得に感じて買ってしまう


とか

私の美容室でおこなっていることは


トリートメントメニューを

カットや単品でやるより


カラーやパーマと一緒にやると

特別値引きをする

など


要は

セットメニューを作り

お買い得感を錯覚させる

 

これなのかなと。



よくある話しかもしれませんが

客単価を上げたいのであれば


ただ値上げるのでなく

お買い得感を与える事


これが必須なのかなと思います。











追伸


その売るモノなり事なりに

どれだけ付加価値を加えれるか


作る人だったり希少価値のモノだったり

それも大事ですが



田舎の個人美容室では

そんな事はなかなか難しい事


なので

どれだけお客様に錯覚させて

お買い得感を与えれるか


これは悪い意味でなく

このケーキの話しのような事が


他にも沢山あるんですね。


お金を使わず頭を使う


コレを頑張っていきましょう♩